サイト構築 必要知識 日々のつぶやき

初心者にワードプレスをおすすめしない理由

投稿日:

ワードプレスとはブログを作るためのCMS(コンテンツマネジメントシステム)でワードプレスが生まれるまでムーバブルタイプが主流だったサーバーインストール型ブログ用CMSで今一番使われているCMSである。

なぜワードプレスがここまで使われているのかというとオープンソースだからである。オープンソースとはソースコードが開示されていて著作権フリーで誰でも改変して使うことの出来るシステム。ムーバブルタイプが有償化してからオープンソースのワードプレスが生まれユーザーがほとんどワードプレスに乗り換えたので今世界で一番使われているブログ用CMSがワードプレスになっているのである。

私の場合、以前いた会社の社長ブログをアメブロでやっていたのだが同業他社のバナー広告が表示されまくり広告なしで運用できる方法をさぐれと言われライブドアブログの有料プランを勧めたわけだが広告なしはPCサイトのみでスマホには広告が残った。それもなんかいやらしい系の社長ブログにふさわしくないものが多く表示され問題となり最終的にワードプレスに行き着いたのがきっかけでワードプレスを使い始めたのが2007年の頃。まだ世の中はムーバブルタイプバリバリの時代である。

なぜワードプレスでブログを始めるのがヤバイのか?

それはワードプレスがオープンソースだからである。

え?無料で使えて高性能で有志によるプラグインがたくさんあって何がヤバイの?いいことづくめじゃないの?

ソースコードが開示されているということは悪意を持った人間がソースのバグを見つけてそこをついてデーターベースの情報を盗み取ったり、サイトの改ざんを行ったりする事ができるということも言える。

そのため頻繁にセキュリティーアップデートの通知が届いたり、自動更新が行われたりしている。自動更新でサイトが真っ白になって表示できなくなるトラブルなどもあるため自動更新を無理やり止める設定にしたりしている人も見かけるがかなり危険な行為である。そういう危険性を初心者にはわからないのでいきなりワードプレスを使うのはヤバイのだ。

セキュリティーホールをつかれてサーバーにウイルスを撒き散らすリンクを作られたりするとグーグルの検索から消されてこのドメインは危険と判断される可能性もあるし、レンタルサーバーの場合アカウントを消される危険性もある。セキュリティーの知識なしになんの保証もないオープンソースのソフトを使うのはとても危険と言える。

プラグインいれまくり問題

なにかブログをいじりたい時にプラグインを使って実装することがよくある。世の中にはとても便利なプラグインが山のようにあるからそれを上手く利用して便利なサイトを作るのはとても時短になっていい。

ただ、プラグインの危険性を知らずに使うのは危険だといえる。プラグイン同士の相性の問題でサイトが止まることもあるし、たくさんのプラグインを入れるとそれだけサーバーの処理時間は増えてサイトが重くなることがある。他にもいつの間にかプラグインの更新が止まっていてセキュリティーアップデートに対応していない可能性もある。

そして一番怖いのは悪意を持った人間がプラグインにウイルスを仕込む可能性があること。無料のプラグインで便利だからと言ってよくわからないプラグインを使っているとウイルスをばらまいていたりする危険性があるのだ。

人気のプラグイン上位50位の20%に脆弱性が発見されたという事実もある。

参考:

  • http://ounziw.com/2013/06/20/wordpress-top-50-plugin-vulnerability/
  • https://wp-d.org/2013/07/12/4947/

PHPで出来てるから重い

最近は色んなキャッシングのプラグインがあってそれなりに速度は改善されているとは思うがシンプルなHTMLで作られたサイトに比べるとワードプレスのサイトは重い。

PHPとHTMLの違いは何かというと動的か静的かの違い。動的と言うのはプログラミングコードが書かれていて例えば3を表示する場合PHPの場合1+2と書かれていてそれを実行した結果が3と表示することが出来ている。こんな簡単な計算の結果だったらいいがPHPでSQLを動かしてMySQLからレコードを読み込んで表示すると言った時間のかかる処理をしているのが普通。

HTMLの場合は3だったら最初から3と書かれいるだけで計算せずに読み込むだけなので速い。サーバーの負荷は段違いというわけだ。

だから小さなサイトを構築する場合はわざわざPHPを使うワードプレスを使わずHTMLにテキストエディターで直書きしてサイトを作る。私は元ウェブデザイナーなのでこういうのは簡単にSublimeTextを使って書いてしまうが普通の人はシリウスとかホームページビルダーを使うのをおすすめする。ミニサイトなら非常に軽いサイトが作れるはずだ。

サイトの速度はグーグルが公式に順位に関係すると発表しているし、実際にECサイトでは待ち時間が長いサイトだと離脱率が高いという実験結果が出ている。

本当は怖いワードプレスまとめ

ワードプレスは便利だ。非常に簡単に更新できるしプラグインやテンプレートがたくさんあるから自分で面倒なことをやらなくても簡単にサイトを構築できる。

でも、それなりのリスクが存在していて便利なだけのものではないということも知っておかなければならない。

[PR]
【サイトM&A】30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録
サイトのM&Aに興味がある人におすすめの記事。無料部分だけでも14000文字もあるすごい情報量!
一日ワンクリックお願いします↓
にほんブログ村 ランキングへ

アフィリエイターにおすすめな情報

もしもアフィリエイト

通常報酬に10%の上乗せをするダブル報酬が素晴らしいのがもしもアフィリエイト。

自動マッチングプレミアム報酬制度などこのASPにしかないようなサービスも充実しており穴場のASPとなっている。

カエレバというウェブサービスでも簡単にもしもアフィリエイトを利用できるのもうれしい。

エックスサーバー

とにかくWordPressが速い。 速いサーバーを使えば作業効率が上がるだけでなく、ユーザーの離脱率も下がってアクセス増に直結します!

引っ越すならエックスサーバー!無料でHTTPS化も簡単に設定できる!

2018年10月31日(水)まで15周年記念キャンペーン中!今がチャンス!

おすすめ記事

1

趣味である競馬のブログを書いてこの半年間の収益を確認したら、馬券でボロボロに負けまくったお金が全部取り返せていたことがわかった。 どうやって趣味の競馬ブログで馬券代以上の金額を稼げるようになったのか? ...

2

アフィリエイトをする時に使う仲介業者をアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)という。 有名なところで言うとファンコミュニケーションズの運営するA8.netや日本で初めてのASPであるバリューコマー ...

3

分析ソフト”パスカル”というソフトの使い方を担当者の方に電話で伺ったのでこのパスカルというウェブツールがどんなものなのかちょっとここで説明してみよう。

4

私はWebデザイナーという仕事を結構長い間続けてきたのでサーバーについては割りと詳しくなってきている。 開発会社にいた頃は自社にサーバーを何台も所有していたし、データセンターにも多数サーバーを管理して ...

-サイト構築, 必要知識, 日々のつぶやき

Copyright© アフィリエイトの書 , 2018 AllRights Reserved.