ノウハウ 必要知識 日々のつぶやき

アフィリエイトをおすすめしない理由

更新日:

アフィリエイトは難しい画像
私は既に10年近く前からサイトを運営してきた。

そしてブログのアフィリエイト収入だけで生活するアフィリエイターとなってすでに3年以上を続けた。

そんな私がアフィリエイトをおすすめしない理由をまとめてみる。

大多数の人間が稼げない

アフィリエイトで家族を養おうとか言ってる人がいたが、アフィリエイトで金を稼ぐことを舐めないで欲しい


日本アフィリエイト協議会(JAO)、アフィリエイト市場調査2017を発表~月3万円以上のアフィリエイト収入があるのは全体の5.7% ~

裏を返せば月3万円以上稼ぐことの出来ない人間が94.3%もいるということになる。

私がネットの収入だけで食っていけると感じた2014年当時の一ヶ月の収入は大体15万円程度。かなりがんばってサイトを構築してページ数で言うと全部で400ページぐらいあった。

それで15万円程度しか稼げていない。

大体の目安としてはアクセス数は70万PV程度。クリック型広告と売上の5%が入ってくるASPの収入が半々程度の割合。

まぁ趣味のブログなので稼げないジャンルではあったが普通の人は多分稼げるジャンルで稼ごうとかあまり考えずに自分の得意な分野でやると思うので参考になればいいと思う。

稼げる分野はプロが全力でやってる

確かに、スパムとかエロコンテンツとかだと稼げるかもしれないけれど個人が参入できるわけが無い。

すでに稼げるところにはプロが会社として組織的にやってる

個人で稼げている人は本当に凄い技術力があったり、ライティング能力があったり、ニッチな分野での専門技術があったりと普通の人とはちょっと違ったスキルがある人だろう。

学生や主婦が参入するのは簡単ではない

並大抵の勉強では足りない。相当好きな人間じゃないと途中で挫折するだろう。

昔、仕事が無い時にエロサイト作ってる会社の面接に行ってみたんだけど社長はいかにも成金って感じの人で事務所では50人くらいの人たちが必死でサイトを作っていた。

その社長が言ってたのがエロサイトはWEBの最先端の技術を有り余る資金で作っているってこと。

独学で学べないと誰も教えてくれない

img_5838
今は色々とセミナーとかちゃんとしたところがやっている場合があってアフィリエイトの会社が主催するイベントで色々と教えてくれたりするけれども基本的にアフィリエイトに関する知識は独学で勉強することが多い

サイトを作るにしても普通の無料ブログでも稼いでいる人はいるだろうが、稼ごうと思うと自分でサイトを作るほうがよっぽど稼げる。トップレベルのアフィリエイターはブログを使わないで未だにテキストサイトを作っている

サイト作成ソフトを使うにしてもそれになりに使い方を覚えないと駄目だし、HTMLやCSSなどのプログラミング言語を自分で解析できたほうがよい。
そういう面倒な勉強を何年も続けられるか?

サイトを外注するだけのお金を出せたとしてもそのお金を回収するのに何年もかかってしまっては何のためにアフィリエイトをするのかわからない。

アフィリエイトを勉強するのにも何冊もの書籍を読まなきゃだめだし中々収益など増えないのにずっとそれを続けていけるか?

必要知識を少しあげると

  • サーバーの知識
  • SEOの知識
  • SNSの知識
  • アクセス解析の知識
  • マーケティングの知識
  • ライティングの知識
  • インフォメーションアーキテクチャーの知識
  • htmlやCSSの知識
  • ユーザーの行動心理
  • ジャンルについての基礎知識

など、基本的なところでもこれだけのことをそれなりに勉強する必要性がある。

勉強熱心で諦めない精神力を持った人なら出来るかもしれないがアフィリエイトじゃなくて他のことを頑張ったほうがよっぽどいいだろう。

アフィリエイトはGoogleのアップデート次第でどうにでもなる

2017年のWelqを始めとするキュレーションサイトのいい加減な情報サイトが軒並み上位表示されたことによる社会問題があってからGoogleはアップデートを繰り返している。

2017年の前半にはフレッドアップデートと呼ばれる大幅な順位の変動があり、私のサイトはほぼアクセスがなくなった。このアップデートによりキュレーションサイトは順位が下がり、公式サイトが上位表示されるようになってブロガーは軒並みアクセス数を減らしている。

2017年の後半には健康アップデートと呼ばれる健康に関するキーワードで個人サイトのようなサイトがほとんど表示されないような状況になり、これまでサプリメントなどで稼いでいたプロのアフィリエイターがアフィリエイトを相次いで廃業するに至った。

2018年も恋愛アップデートと呼ばれる出会い系サイトを紹介してアフィリエイトをしているアフィリエイターのサイトが軒並み検索から消えるという事態が起こっている。私もこれに巻き込まれ育てていたサイトが一つ木っ端微塵に吹き飛んだ…。

以上のようにどれだけホワイトでコンテンツを充実させユーザーのためになるサイトを作っていたとしてもGoogleのさじ加減一つでどうにでもなってしまうのがアフィリエイトというビジネスの怖さである。

ただ単にコンテンツを充実させていれば順位が上がり、自動的に稼げるようになっていた時代は今や昔となり、Googleの動向を見定めてサイト作りをしていくのが今のアフィリエイトとなってきている。

アフィリエイトをおすすめしない理由まとめ

img_5773

アフィリエイトをおすすめしない理由をまとめるとアフィリエイトは本当に難しいから生半可な覚悟で参入しても月3万円稼ぐ事もできずに挫折しちゃうということを伝えたかったのだ。

そして順調にアクセスを増やして私のようにそれで生活できるようになっても会社員のときの給料の何倍も稼げるようになっても稼ぎ続けることは容易ではなく、Googleのアップデートで消し飛ばされるサイトが出てきたり、恐ろしく強いライバルサイトが乱立して稼げるキーワードが軒並み奪われてしまうなど安定性がほとんどないのもアフィリエイトの怖いところ。

アフィリエイトで月100万円稼げたとかいう人はたまにいるが、3年間ずっと月100万円稼げてますというレベルの人は本当に少ない。

ただ、個人が無借金で頑張れば1年で月100万円稼げるようになる可能性のあるアフィリエイトというビジネスは、まだまだ夢があるビジネスだと思うので、おすすめはしないけどやってみたいなら頑張ってみる価値は大いにあると思う。

アフィリエイトで稼ぐにはどうやればいいのか?本当のところ

アフィリエイトは新規参入の障壁が非常に低い副業の一つでネットで稼ぎたい初心者にはおすすめしたい副業の一つである。

アフィリエイトで月1万円以上稼げない人が8割とかいう記事が出てアフィリエイトは難しいというようなイメージがあるのだが私から言わせてみれば一つ目の壁の前で倒れる奴が多すぎるのだ。

一つ目の壁問題

一つ目の壁と言うのは半年以上続けること。

サイトでもブログでも最初は頑張ってやるぞ!って気持ちでやり始めるのだが殆どの人が半年続けることが出来ない。
半年続けることが出来ないと月一万円稼ぐレベルに達しないに決まっている。

参入障壁の著しく低いアフィリエイトというビジネスには新規参入してくる奴が毎年恐ろしい量いるわけだ。その群衆からひとつ頭を抜き出した者だけが次のステージに上ることが出来る。それが月1万円。

半年間続けるということは言わばその他大勢からの離脱を意味する。

ただし、半年で100記事書けないような人では次のステージに上るのは難しいかもしれない。また半年では次のステージに上がれない運の悪い人もいる。

その人は1年続けて200記事を目指して欲しい。

インターネットと言う業界はコツコツやった人間だけに微笑む世界だから間違いなく上のステージに上がれる。手探りでやっていたとはいえ俺が月30万を稼げるようになるまでは実に7年かかっている

1ヶ月で稼げるようになる方法とかは確かにある。

ただ、一ヶ月で稼げるようになった方法は1ヶ月で稼げないようになる可能性が高い方法だ。
時間をかけて作ったサイトはそう簡単にダメにはならない。長くやるなら手っ取り早いブラックな手段を使わないことをおすすめしたい。

ちなみに1ヶ月で稼げるようになる方法は、中古ドメインという昔大手の会社で使われていたURLを買い取り検索エンジンの評価を最初から高い状態で始める方法であったり、有料リンクというたくさんの有料リンク用サイトから一気にサイトを紹介してもらう方法がある。

もちろんそういう業者に大金を支払う必要があり、検索エンジンはこういった行為をスパムとして禁止しているのでいつサイトがブラック認定されるかわからない。

金融系や高額な健康食品、ウォーターサーバーや転職などの高額な広告料を使っているサイトなら1ヶ月で初期費用を払えて2ヶ月目から利益にできたりするかもしれないが1ヶ月で検索エンジンから消されるリスクも高い。

莫大な金を持つ企業ならこういうリスクを抱えることができるが一般人にはほとんど不可能なので戦い方を変える方が良い。

結局のところアフィリエイトと言うのは殆どの場合、地道にコツコツやるしか無い

スーパーアフィリエイターと呼ばれる月300万円以上稼ぐアフィリエイターもいるがほとんどのアフィリエイターはそんなにも稼げない。

非常にラッキーで稼げるサイトを作れる人もいるがその人だって最初からそんな凄いサイトを作れたわけでもない。全ては地道な勉強と努力を続けた結果なのである。

楽していきなり大金が手に入ると考えて情報商材に飛びついた者だけが騙されて損する危険性があるのがアフィリエイトの世界。

これを読んでくれるとアフィリエイトが危険なのではなく、欲望のままに胡散臭いサイトから情報商材を買うことや高額な塾に入って詐欺師に金を払ってしまうことが危険なのである事がわかるだろう。

この記事のまとめ

アフィリエイトは危険性が非常に低くて、ただただコツコツ頑張れる人間が稼げるようになるということがわかってもらえただろう。

アフィリエイトは不労所得で一度作ったら寝てても金が入ってくるというのは真実であり、また間違いでもある。

情報は常に古くなりリライトしないと検索エンジンの評価は下る。それなりに管理が必要なのである。

アフィリエイト収入を増やすには常にアクセス解析をしてPDCAサイクルを回し続ける根気が必要だし終わりのない仕事である。

アフィリエイトは参入障壁は非常に低くてリスクが色んなビジネスの中で一番少ないレベルではあるが、本当に好きで無いと続けられない仕事であり、毎日パソコンに向かえる適正がない人間は一つ目の壁の前に無残に砕け散る危険性があるビジネスである。

[PR]
【サイトM&A】30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録
サイトのM&Aに興味がある人におすすめの記事。無料部分だけでも14000文字もあるすごい情報量!
一日ワンクリックお願いします↓
にほんブログ村 ランキングへ

アフィリエイターにおすすめな情報

もしもアフィリエイト

通常報酬に10%の上乗せをするダブル報酬が素晴らしいのがもしもアフィリエイト。

自動マッチングプレミアム報酬制度などこのASPにしかないようなサービスも充実しており穴場のASPとなっている。

カエレバというウェブサービスでも簡単にもしもアフィリエイトを利用できるのもうれしい。

エックスサーバー

とにかくWordPressが速い。 速いサーバーを使えば作業効率が上がるだけでなく、ユーザーの離脱率も下がってアクセス増に直結します!

引っ越すならエックスサーバー!無料でHTTPS化も簡単に設定できる!

2018年10月31日(水)まで15周年記念キャンペーン中!今がチャンス!

おすすめ記事

1

趣味である競馬のブログを書いてこの半年間の収益を確認したら、馬券でボロボロに負けまくったお金が全部取り返せていたことがわかった。 どうやって趣味の競馬ブログで馬券代以上の金額を稼げるようになったのか? ...

2

アフィリエイトをする時に使う仲介業者をアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)という。 有名なところで言うとファンコミュニケーションズの運営するA8.netや日本で初めてのASPであるバリューコマー ...

3

分析ソフト”パスカル”というソフトの使い方を担当者の方に電話で伺ったのでこのパスカルというウェブツールがどんなものなのかちょっとここで説明してみよう。

4

私はWebデザイナーという仕事を結構長い間続けてきたのでサーバーについては割りと詳しくなってきている。 開発会社にいた頃は自社にサーバーを何台も所有していたし、データセンターにも多数サーバーを管理して ...

-ノウハウ, 必要知識, 日々のつぶやき

Copyright© アフィリエイトの書 , 2018 AllRights Reserved.